引越し業者と引越しの思い出

引越し業者と引越しの思い出

引越し業者と引越しの思い出

こんにちは。
今日は引越しの思い出を書いていきたいと思います。

 

といってもさ
俺の引越しって小2のときだから5年前くらいかー(遠い目)
プラス十数年か……

 

ということで引越しに関する日記でしたー

 

…おっと本気で日記を締めそうになったw

 

さぁ気を取り直して書いていこう。

 

さすがにちっちゃかったからぼやーとしか覚えてないの
なんかひたすらダンボールに荷物をつめていた記憶はあるんだけど、
何を捨てたか覚えてないんだよね。
でもさ
ビーファイター基地とかカクレンジャーグッズは今でも持ってるからおもちゃ系も捨ててないわけじゃん。
むしろ何を捨てたんだろうね(笑)
大切な思い出?w

 

一番記憶にあるのはね。
引越し業者さんのトラックに乗ってたときの記憶なの。
友達が見送りに来てくれて、なんか花かなんかをもらって、それを手に持って、ちょこんと助手席に乗ってた記憶があるの。
ところでなんで助手席なんだろ?
引越し業者なら親運転じゃないもんね。
もっというなら両親いたら絶対助手席じゃないしね。
確か父親は先に行って準備かなんかしてたんじゃないかな。
うーん
母親はどこにいたのだろうか。
もしかして業者さんに裏でこっそりチップを渡していたりして(笑)

 

子どものときの記憶って断片的にしかないし、夢で見たりしたときに記憶を塗り替えちゃってたりするから、どれがホントかわからなくなっちゃうね。

 

とりま、そんなとこで。
「5」年前の記憶日記でした!


ホーム RSS購読 サイトマップ